1 3月

怖い犬の病気と予防

犬の病気で恐ろしいのはやはりフィラリアでしょう、犬の健康とフィラリアは切っても切れない関係と言えます。

私も以前はいろんな犬の病気について調べました、というのも昔飼っていたゴールデンレトリバーがパルボというウイルスで死なせてしまったからです。

パルボは子犬がかかりやすくとても可哀想なことをしました。痩せて血便を出して本当にかわいそうだと思いました。

だから今は犬の健康と病気の予防には人一倍気を付けてるつもりです。

犬の場合夏場にはやはりダニ、ノミや蚊といった犬の病気を媒介する悪質な虫が増えるのでそれらは徹底的に排除したいと考えています。

蚊は蚊取り線香なんかでも撃退できるんですがやっかいなのはダニですね。

シラミとかもやはり目には見えないのでダニ予防やシラミの駆除薬といった薬は欠かせないと思います。

またフロントラインだけでは頼りないのでたまにダニやノミのスプレーを旅行前などにまいておいてダニを発生しにくい環境づくりもしています。

フィラリアも怖いんで最近はイベルメックなんかも通販で購入したりいろいろしていますね。

今はかなり安くで購入できるし通販だと家に届けてくれるからホントに助かります。

昔は獣医さんにいくと結構高い値段で買う事になりましたがこういう安い通販ができて助かっています。

 

1 3月

犬の病気は事前に健診に行くことでわかる場合も


犬を飼ってる場合に注意したいのは病気、でも普通の人って犬の病気とかわかりませんよね。

私もそうだったんですが、犬ってなかなか表に出さないので表情がわからない、しかも病気やケガの場合は悪化してから元気がなくなったり痛みを訴えるそうで、飼い主が気が付いたときには手遅れの場合も・・。

だからこそ犬の病気ってなんとかしないといけないなって思います。

犬の保険も入ってて定期的に検診に行ったりしておかないと手術なんてなったら相当な金額が発生するわ、犬も病気が悪化するわで大変です。

犬の場合変にガマン強いんでそれが問題です。

たぶん犬の事だから言葉も話せないしガマンしてるんでしょうね。

なんかもう少し早く気が付いてあげればなって思ったこと何度もあります。

あとからじゃあ遅いんですよね、だから犬の健康診断とか大事だし犬の病気の予防薬とか大事だと感じています。

私の場合はカルドメックとか時期になると欠かしませんし、フロントラインもしっかりしています。

以前は結構いい加減だったんですが最近は考え直さないといけないんだと思ってその辺はいろいろ獣医さんと相談しながらやっています。

犬もやっぱり家族ですからその辺は飼い主としてしっかりしておかないといけないなと犬の散歩で元気そうに走ってる犬をみてると考えてしまいますね。

 

 

6 5月

一番気を付ける犬の病気フィラリアとは?

フィラリアは蚊を媒介として起きる病気の一種でいわゆる寄生虫なんですね。
このフィラリア寄生虫が体内に入ると血管を詰まらせたり臓器に寄生して犬をずっと苦しめる結果になるそうです。
一度このフィラリア寄生虫が寄生した犬の心臓をみたことがあるんですが、もうひどいものでした。
こんなグロテスクな寄生虫が我が家の犬に寄生してたらと思うとホント恐ろしいです。
犬の寄生虫や病気はいくつかあるんですが、人間が平気でも犬にとっては脅威だということもたくさんあるんですね。
特にフィラリアは犬の天敵ともいえるくらい危険な病気です。
私の知り合いの犬もフィラリアの検査で陽性反応が出たみたいですが、飼い主さんも気を付けていただけにかなりショックだったそうですね。
犬の場合は症状がよほどひどくならない限り飼い主さんは気が付きにくいのでそれが厄介です。
知り合いの犬もガンが進行してかなり悪化してから判明したそうです。
だからこそ定期的に犬の検診なんかも行った方がいいんですね。
ちょっとお金はかかりますが、大病になってからではもっと治療費も高くなりますし、その辺はなるべく犬も飼い主も負担がないうちにしておきたいものです。
ちょっとした気遣いで犬の病気も防げて長生きもできますからね。
とくにフィラリアは一度なってしまうと治らないみたいです。
フィラリア寄生虫は体の中に入り込むとそこで卵を産んで大量に繁殖するみたいなので、どんどん増えるみたいです、もちろん一時的に減らす薬もあるみたいですが、フィラリアの薬も結構高いので、その辺も問題です。
今一番売れてるフィラリアの予防薬はフロントラインですが、フロントラインはかなり高いので私なんかは最初だけは病院で処方してもらってあとはフロントラインの専門店から通販で仕入れています。
薬の内容は同じなのでその辺は問題ないみたいです。

フロントライン 通販

 

 

6 5月

老犬になっても面倒をみる

老犬になっても面倒をみる
犬も人間と同じく年をとります。
我が家の犬も昔は筋肉もりもりでそこらじゅうを走り回っていたのですが、最近すごくバテるのが目立ってきました。
いつまでも元気でいてほしいと思うのですが、やはりそうはいかないみたいです。
ウチの犬は大型犬なのですが大型犬の平均寿命は10年以下と言われています。
つまり6歳を超えてからは病気にかかりやすくなるわけです。
特にメスの犬は子宮がんなんかも多くてうちの犬は子宮がんのリスクがあったので、子宮を取りました。
犬自身は何がなんだかわからないみたいですが、ちょっとかわいそうでしたね、まあ健康でいてくれるからそれでいいのですが、
ちょっと怖い思いをさせてしまいました。
また厄介なのは犬の病気に対する病院の治療費です。
知っていますか?犬の治療費ってめちゃくちゃ高いんです。
そんなに高いの?ってくらい高いです。
なんでも獣医さんの治療費って相場がないらしくて獣医さんが勝手に決めることができるみたいです。
私も一度犬が怪我をして入院したのですが、治療費だけで10万円を超えてしまってびっくりしたことがあります。
まあ、犬の保険に加入してたのでそこで治療費はまかなったんですが、犬の保険もその保険会社と提携してる動物病院でないと保険が適用されないとかいろいろ問題があるんですよね。

緊急の場合なんかそんなこと言ってられないのにひどいなって思いました。

でも知り合いは保険に加入してなかったのでかなり高い治療費を払うことになったみたいです。
まあ犬の命には代えられないしやはりそういうことも犬と人間の関係をつなげるいいきっかけだと思っています。
知り合いの人は一時期犬がひどい病気になって殺処分も検討したみたいですが、しなくてよかったと言っています。
やはり犬自身がまだ生きたいという気持ちがあったから飼い主さんも安楽死はしなかったみたいです。

前回のブログでも書いたんですがフィラリアなんかにかかったらそれこそ手術費用だけでも数十万円は覚悟しないといけません。

・・いえ、フィラリアの場合は症状によっては手術すらできないので大変。

だからこそフィラリア予防薬は私の場合は欠かしたことはありません。

いまはフィラリア予防薬は通販で簡単に買える時代です(しかも安い)だからこそフィラリアなどのなかなか治らない病気などは必ず飼い主さんが予防をしっかりしないといけませんね。

フィラリア予防薬 通販

6 5月

犬の吠え癖を治すには?

  • 犬の吠え癖って結構厄介ですよね。うちの犬もぎゃんぎゃん吠えるんです。
    特にさみしいとき。
    可哀想だから仕方ないと思うんですが、今となってはもう少し子犬の時にしっかりしつけしとけばよかったと思っています。
    子犬のうちは結構しつけも覚えやすいんですが、犬も人間と同じで大きくなるとやや堕落するというか、
    すこし飼い主の性格を把握してずる賢くなるんですよね(笑)

    犬のそういう人間に似てるなって思うところはかわいいと思うんですが、でもやっぱり吠え癖は近所迷惑にもなりますし、飼い主さんにとってもメリットはありません。
    犬の吠え癖はできれば子犬のウチにしつける方がいいみたいですね。
    犬の吠え癖はやはり寂しさからくるみたいです。
    犬もうつ病になるみたいで、飼い主に会えないストレスってすさまじいらしいです。
    特に小さい頃からいつも飼い主のそばから離れられない犬とかってそういうところがつよいみたいですよ。
    私も犬を飼うときに犬を分けてくださった人からしつけはしっかりしないと大型犬だから大変ですよと口を酸っぱくするくらい言われてきました。
    特にワンオーナ犬と言われるシェパードやドーベルマンなんかは周りの人にはなつかない分、飼い主にはすごく甘えるんですね。
    この犬種も子犬の時にしっかりしつけしておかないとのちのち甘えたでなき癖がひどくなります。
    吠えるのは仕方ないとは思うんですが、しつけさえしっかりすれば改善できます。
    あまりにひどい場合は昔は声帯を切ってしまってた場合もあるそうですが、そんなことしなくてもちゃんとしつければいいだけの話です。
    犬にとってもしっかりしつけすることは良いことなのでこれは子犬の時にしておくべきでしょうね。
    私も犬と接しててやっぱり飼い主として全力で犬と向き合っていかないといけないと思うことがここ最近すごくあるんですが、愛情の一環としてしっかりしつけはしていこうと思います。
    しつけ教室なんかでもいいですがもし時間がないというひとなんかはこういうDVDなんかもいいですよ。

6 5月

犬を飼ってて感じること

犬を飼ってると感じることは犬の飼い主さんって変わった人が多いなってことです、まあ私もそうなんですが、犬を飼う上で飼い主さんの人間性も重要なのかなって思う今日この頃です。
犬を大切にするがあまり人とのコミュニケーションが希薄になってる人も多いんじゃない中って思います。

人間同士のコミュニケーションが円滑なら犬自体も円滑になるのかなって思ってしまいますね。
特に最近は飼い主の不注意で犬がひどいめにあうケースも多いみたいでそういう犬を大事にする意味で飼い主さんにはしっかりしてほしいなって思うことも多々あります。
なんかひどい話で犬は法律上モノ扱いだから、簡単に処分されてしまうわけです。
犬自身はじゃれてるつもりでも怪我させてしまったらそれですぐ殺処分です。
あまりにもひどいですね。
日本の法律ってほんとに動物愛護の観点からは先進国とは思えなくらいのダメダメ具合です。
他の国だと犬の人権みたいなものも守られてるので多少はましみたいですね。
いずれにせよ飼い主がしっかりしてないと犬がなにかトラブル起こしたら大したことがなくても犬自身が悲しいことになってしまうということです。
しつけなんかもホント大事ですね、私の知り合いも犬同士のトラブルで相手の犬に大けがさせてしまって、かなりの治療費を払ったみたいです。
特に犬って保険がきかないから厄介ですよね。
犬を飼うってホントに大変なんだなって思いました。

この間も怪我をしただけで数万円の出費です。これはホントに痛い出費になりました。

獣医さんからもらった犬の薬ってホントに高いんですね。

通販で買った方がホントは安いんですけどね・・・。

でもやっぱり犬はいいですね、癒されます、これはなにものにも代えがたいものだと思います。私も犬を飼って十年が過ぎましたが、やっぱり飼ってよかったと思っています。
家族ですからちゃんとしつけや健康管理もしっかりしてあげたいですね。